終活に役立つグッズ

自分だけのメモリアル終活グッズあれこれ

あると便利な終活グッズ

そもそも終活とはどういうものなのか、知らなければどうしようもありませんよね。 まずここで終活がどういうもので、どういった時代背景から成り立ってきたのかを解説します。 そこには家庭の形の変化や個人単位での考え方の移り変わりなどが存在しているのです。

終活について

高齢化社会が進み、やや遅れる形で「終活」という言葉に注目が集まり始めました。しかし、いざ終活を始めようとしても何から手を付けたらいいのかわからなくなりますよね。
終活とは人生の締めくくりの準備をして今を前向きに生きるという意味の他に、自分の死後、遺された家族が身辺整理などをスムーズに行えるように準備をしておくという側面もあります。
そのため、遺族に自分の希望や処分してほしいものなどを希望が伝わるように、わかりやすくしておく方が断然いいわけなんです。だけど、わかりやすく整理するって苦手な人も多いですよね。
今回は終活を進める際にあると便利なもの、おすすめのものなどをいくつか紹介していこうと思います。
まず、終活を進める上で絶対にあったほうがいいのはエンディングノートと呼ばれるものです。自分の本籍や友人などの連絡先を記しておいたり、臓器提供などに対する希望など様々な盤面で役に立ってくれるものですので、終活をはじめるときには作成しておくといいでしょう。
また、自身のアルバムを整理することも終活ではやっておきたいことですよね。これまで生きてきた、自分の人生の軌跡を振り返り、懐かしみながら整理していると楽しく感じるのではないでしょうか。
当時の光景がふと頭をよぎったり、かつて抱いた感情を思い出したり、ついつい夢中になってしまいそうですね。
そんな写真も人1人の人生分と考えると相当な量になってくるでしょう。かといって、若かりし頃の思い出を生前に処分してしまうのは、気が引けますよね。そんな人たちのために、コンパクトに収められるようなアイテムも登場しています。
ぜひ終活の参考にしてみてください。

何をするものなのか

終活がどういうものであるか理解できたら、実際に何をするのかを見ていきましょう。 こういうことをしなくてはいけないというような規定はありませんが、目的などを考慮するとこうしておいたほうがいい、という形も見えてくるはずです。 是非参考にしてみてください。

便利アイテムについて

活動を進める上であれば便利なものを紹介していきます。どれもうまく使えばかなり終活もはかどり、また楽しくなってくることでしょう。 なくてはお話にならないものや、なくてもいいけどあればかなり便利になるというものまで、活用してより効果的な終活につなげてください。