終活に役立つグッズ

自分だけのメモリアル終活グッズあれこれ

何をするものなのか

葬儀とお墓の準備

人がなくなると、遺族は何をすることになるのでしょうか。
まず真っ先に思いつくのは、葬式を催すことですよね。葬式を行うために葬儀社に相談し段取りを決めます。葬式が終われば埋葬されるわけですが、ここでもお墓の準備をする必要が出てきます。
葬式を催すのにも、墓石を購入するのにもお金と手間がかかります。しかもそれを家族を亡くした精神状態で進めなくてはなりません。その負担は計り知れないですよね。
これを生前にご自身で葬儀社に相談して、墓石も購入しておいて、後はそれぞれの業者に報告するだけの状態を作っておけば葬式はスムーズに進み、家族の負担も大きく和らげてあげられると思いませんか。
準備さえできてしまえば、後はその記録を残しておけばいいのですが、そのやり方については後のページで詳しく解説します。

相続問題

遺産相続といえば、死後のトラブルにつきものですよね。しかし大切な家族にそんなことで争ってほしい人などいるでしょうか。
相続の問題についても生前にしっかりと準備をしていれば、親族感の諍いも最小限で抑えられます。なので遺言状の用意が重要性を帯びてきます。
ちなみに遺言状は法的な力を持つので、書式や作成方法が細かく決まっているので注意してください。遺言状には自筆のものと、公証人がまとめるものとで種類分けがされます。
遺言状に記載する事項としては、身分、相続、遺産の処分、保険金受け取り者などが挙げられます。
ちなみに、遺言状を作成するのにサポートしてくれる作成キットなどが今は販売されているので、作成をする際は一度参考にしてみるといいでしょう。


この記事をシェアする